オレンジジュースは腎臓結石の形成を防ぐことができ、クエン酸が豊富です。 このジュースのほかに、このような最大19%の心臓発作のリスクを減少させる能力を持っているヘスペリジンなどのフラボノイドが含まれています。

オレンジジュースは、「悪玉」コレステロールのレベルを低減することができます 血圧、これ心血管系の問題を防止することができます。同様に寒い防ぐために完全である、ビタミンCの豊富な供給源です。また、それは、私たちはラインを維持することができ、完璧な腸管通過を持っているのに役立ちます。 朝を開始するためにジュースを取られたとき、それは、私たちは非常にエネルギッシュな一日良い気分で感じていただけます。

その他のヒント

  • - 純粋なオレンジジュースは、断食を取られ、それは無駄を排除し、便通を改善するのに役立ちますので、体を精製することに優れています。
  • - 毎日オレンジジュースを取ることによって、それは、少なくとも14%、肥満の可能性を低減することができます。
  • - オレンジジュースが大幅に細胞の酸化を減少させ, ジュースは毎日食事を伴う取られる場合は特に、老化を遅くし、多くの病気を防ぐことができます。

    オレンジ、ビタミンCオレンジ、ビタミンC

  • - このように鉄がはるかに優れて扱われるので、肉、レンズ豆といくつかのハムのサンドイッチとオレンジジュースを組み合わせることをお勧めします。 貧血に苦しむ人々が頻繁にそれを取ることが非常に重要です。
  • - オレンジで見つかったビタミンCは完全な状態で組織を維持する責任があるコラーゲンを作成するための優れたものです。

プロパティのオレンジジュース

消化器


いくつかの研究によって、オレンジジュースは胃、その機能を調節するために大容量に利益の多くを提供していることが示されています。

胃炎や胃十二指腸潰瘍

あなたは余分な胃酸を緩和することができ、食事の間にオレンジジュースを消費するの健全な習慣を取るとき、それはまた、潰瘍の治癒を助けることができます。

肝臓

食事の間に消費オレンジジュースは消化不良、腹部膨満や劣悪な状態で肝臓に起因する食品の発酵を回避することができる場合。

下痢と便秘

便秘便秘

オレンジジュースは腸の機能を調節する能力を持っています。

消化不良

水で希釈したオレンジジュースを飲むと、それは、この不快感を引き起こして無駄を排除するのに役立ちますので、非常に消化不良の問題を向上させることができます。

尿路

オレンジジュースは、血液をきれいにするのに役立つ非常に良好である偉大なアルカリ特性を有します, それは、これらの酸が腎臓結石を形成するために、腎臓に残る防止溶解します。

痛風や関節炎

尿酸は痛風や関節炎を持つ個人の関節内に堆積されると、激しい痛みが発生します。オレンジジュースを消費し、このコンポーネントと、これらの人々の状況が大幅に改善される毎日が削除されます。

糖尿病

糖尿病糖尿病

彼らは少し砂糖を持っており、過剰血糖値を調整することができます利尿特性を有するとしてオレンジジュースは、II型糖尿病患者のために推奨されます。また、ビタミンCの含有量は、これらの患者は、このような感染症、難易度の治癒や視覚の問題として、それはこの病気をもたらすことができる結果を、最小限に抑えることができます。

アンチエイジングトリートメント

オレンジ色を持っている抗酸化特性のために、それは、フリーラジカルの影響に対して非常に効果的な治療法です。オレンジジュースが豊富に消費され、定期的に身体に影響を与える年間での影響を遅らせることができます。

アテローム性動脈硬化症

オレンジジュースは、血液の循環を向上させることができます, 血栓形成を防止し、したがって、動脈硬化を防ぐことができます。

高血圧症

血液の循環を改善するために、それが顕著に減少高血圧や高血圧を生産しました。

難聴

ビタミンCが難聴を防ぐのを助けることができることが判明しました。

視力の低下

ビタミンCの消費量は、視力低下につながる可能性白内障や他の眼疾患の形成を防ぐことができます。

ビタミンCは、癌治療を防止する上で非常に重要です。

禁忌

これは、すべての食品のように、少なくともそのようなアレルギーや腸の問題など、健康に有害であり得る任意の反応を引き起こすことはありません検証まで、適度に消費されなければなりません。 彼らは豊富にそれを取る場合は、皮膚の発疹や偏頭痛を持っている可能性があるため、オレンジジュースの消費量を制御する必要がある一部の人々があります。, これは、一人一人の許容範囲の程度に依存します。